健康管理がおろそかになっている人、健康診断で要治療・要精査となった方が体質改善に挑むキッカケを作れるように、私自身が実践している糖質制限ダイエットの記録を紹介するブログです。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年09月23日 (日) | 編集 |
おはようございます Tooru です。

引き続き、以前あげた「意外な効果・変化」に追加です。

今回は以下の2点です(^^)


☆効果・変化が出て来たところ☆
 ①食べ始めるとすぐにお腹がいっぱいになる。
 ②食後、あまり時間が立たないうちに空腹感を感じる。

 ①については、確実に胃が小さくなった気がします。
 豆腐を食べようものなら、数回口に運ぶだけで結構な満腹感があります。
 私は、食事時に麦茶かコーヒーを飲んでいるのですが、これに味噌汁系が加われば相当なものです。
 しかし、満腹感は感じながらもなぜか食べることは可能です。
 ですので、おかずも美味しくいただきます(^^)

 ②以前より空腹感を感じる時間が確実に増えました!
 しかしながら、不思議なことに「食べなければダメ」「何かを口に入れないと不安」という空腹感ではないのです。
 これは、「炭水化物を減らすことにより、空腹時と満腹時の幅が狭くなったので不安が減少。」というように解釈しています。

 特に間食は99%なくなりました(あたりめ食べてるときがあります)!

 ですので、1日のうち起きている時間帯は少々の空腹感を感じているわけですが、実はお腹が減っていると感じることは良いことだそうです。

 アンチエイジングの視点から言うと、空腹時は「若返り遺伝子が活発に動く」そうです。

 現在、医学博士 南雲吉則さん の本を読んで勉強中です(^^)
 読み終えたら、また報告いたします。

 以上、糖質制限してから意外な効果 その2 でした。



 
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。